コーヒーの飲み過ぎは危険!? カフェインの作用メリット・デメリット

珈琲の成分

起床したときや、食後にコーヒーを飲むことを習慣としている人は多いでしょう。

コーヒーは脳の覚醒作用や、利尿作用など様々な効果で知られています。

脳の覚醒作用や利尿作用などは、コーヒーに含まれているカフェインの作用です。しかし、カフェインは中毒性があり、知らず知らずのうちに依存症になりやすい物質です。

カフェイン摂取のメリット・デメリットを知って、ティータイムを楽しく過ごしましょう。

カフェイン依存症の仕組み

カフェインは、コーヒーやお茶、紅茶、コーラ、栄養ドリンクなどに含まれています。

カフェインは医薬品にも使われており、眠気や倦怠感などに効果があります。副作用としては、不眠やめまいなどがでることがあります。

過剰に摂取すると、薬物ほど深刻ではなくても、精神疾患として認められる「カフェイン依存症」に陥ってしまうことがあります。ただしタンニンを多く含んでいる緑茶や紅茶は、タンニンがカフェインと結びつくため、同量のカフェインをとってもコーヒーやコーラと比較するとカフェインの効果が薄らぎます。

 

人は、脳にある「アデノシン」と「アデノシン受容体」と呼ばれる2つの物質がくっつくことで、疲労を感じるようになっています。しかし、カフェインを摂取すると、血液に乗って脳内に入ったカフェインがアデノシンと結びつき、アデノシン受容体と結合できなくなります。そのため、人は疲労を感じにくくなります。コーヒーを飲むと、眠気が覚めてすっきりするのは、この作用のためです。

しかし、カフェインを長い間摂取をしていると少量のカフェインで効きにくくなってしまいます。これにより、人はいっそう疲労感を感じてしまい、それを解消しようとさらに大量のカフェインを飲むようになってカフェイン依存症となっていきます。

 

 

カフェイン摂取のメリット・デメリットを知っておこう

眠気覚ましや気分転換に効くカフェインですが、胃痛や依存症などの体調不良をひき起こすこともあります。カフェインを適量に摂取した場合のメリット、過剰摂取した場合のデメリットについて知っておきましょう。

 

適量摂取した場合のメリット

・眠気覚まし

カフェインは興奮剤の一種のため、脳内の中枢神経に働き、眠気を抑え作業効率がアップします。

 

・頭痛の緩和

カフェインには一時的な血管収縮作用があります。頭痛薬を始め、市販の鎮痛薬にも用いられています。

 

・筋肉疲労の回復

カフェインは血液の流れを良くし、筋肉の乳酸を体内に留まりにくくする作用があります。

 

 

過剰摂取した場合のデメリット

・胃痛

カフェインには胃液の分泌を促す働きがあります。特に空腹時に飲むとカフェイン摂取は避けた方がいいでしょう。

 

・貧血

カフェインには鉄分や亜鉛など、ミネラルの吸収を阻害する性質があるため、過剰摂取すると貧血が起こりやすくなります。

 

・睡眠の質の低下

カフェインは興奮剤の一種であるため、飲むとカラダは興奮状態となります。眠りにくくなるため、睡眠の質が低下することがあります。目安として、就寝する3時間前には飲まないほうがよいでしょう。

 

・自律神経の乱れ

体を活動させる交感神経に働くカフェインを摂取し続けると、心拍数の増加、血圧の上昇が日常的に続く状態となります。そのため、自律神経のバランスが崩れてしまい、だるさや落ち込みなどにつながります。

 

 

カフェインの適切な摂取量について

カフェインの適切な摂取量は、健康な成人でカフェイン摂取400mg/日以下、コーヒーカップ約5~6杯とされています。また、妊婦の場合はカフェイン摂取量300mg/日以下、コーヒーカップ約3~4杯程度とされています。

素敵なティータイムを楽しむためにも、摂取量には気を付けましょう。

 

 

まとめ

以上、カフェインの作用のメリット・デメリットについてでした。最後におさらいをしておきましょう。

 

  • カフェインには、眠気覚まし、頭痛の緩和、疲労回復などの効果がある。
  • カフェインには、胃痛、貧血、睡眠の質の低下などが挙げられる。
  • カフェインの適量は、成人では、1<日コーヒーカップ5~6杯。妊婦は、3~4杯程度。

 

カフェインは、摂取をほどほどにすれば眠気覚ましに使えるので、効果的に活用しましょう。