おいしいコーヒーを飲むためのコーヒーミルの選び方

コーヒーグッズ

コーヒーを飲む方には、缶コーヒーで良いという方もいれば、インスタントコーヒーしか飲まない、ミルで挽きたてのコーヒーしか飲まないなど、こだわりを持っている方もいらっしゃるでしょう。

その中でも、コーヒーミル派の方は、結構いらっしゃるかと思います。コーヒーミルで焙煎されたコーヒー豆を挽くと、コーヒー本来の香りを存分に楽しむことができます。また、コーヒーミルであれば、自分好みの挽き方をすることができます。

そこで、今回はこれからコーヒーミルを使いたいと言う方のために、コーヒーミルの選び方について解説をいたします。

手動式コーヒーミルか電動式コーヒーミルか?

コーヒーミルをお持ちの方は、多くは電動式より価格の低い手動式コーヒーミルのほうを持っていらっしゃるでしょう。

ただ、手動式、電動式ともに価格だけでなくメリット・デメリットがあります。

手動式コーヒーミルのメリット、デメリット

<メリット>

・デザインがアンティーク調で良い。

・自分なりに豆の粒度を調整できる。

・電動式と比べると安い(3,000<円程度からある)

 

<デメリット>

・結構力がいる

・時間がかかる

・たくさん挽くのは大変

 

電動式コーヒーミルのメリット、デメリット

<メリット>

・スイッチひとつで簡単

・たくさん挽くことが容易

 

<デメリット>

・音がうるさい

・電源が必要

・手動式と比べると高い(数万円する)

・時間で豆を挽くので、手動式と比べると自分の思い通りの調整はできない。

 

以上のように手動式と電動式にはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

では、どちらを選べば良いのでしょうか?

まず、豆の粒度にこだわりがあるのであれば、自分で細かく調整ができる手動のほうが良いでしょう。ただし、1杯を作るのに非常に長い時間がかかるので、家族みんなが飲むと言う方には向いていません。

逆に電動式は1杯を作るのには非常に早いので、いっぺんに複数作る機会がある方には、向いています。また、電動式の場合、熱を持つので味に影響を与えるのではないかといった話をよく聞きますが、家庭で1回に飲む量100g程度までなら、あまり影響はありません。

結果、手動式と自動式どちらが良いかは、上記の事項を判断しながら、総合的に決めていくほうがよいでしょう。

 

 

手動式コーヒーミルを選ぶときのポイント

では、手動式コーヒーミルを選ぶ場合のポイントを紹介いたします。

 

重さ

手動式ミルは、ある程度重さがあったほうがハンドルを回すときに安定しているため、使いやすいです。

 

ハンドル

手動ミルの場合は、横に回すタイプが一般的です。ただ、カリタ(ブランド名)のコーヒーミルのように、縦に回すタイプもあります。どちらがよいということはなく、基本的には、長さが長いほうが回しやすいです。

 

フタ

コーヒー豆を入れるところをホッパーというのですが、ホッパーがあるミルとないミルがあります。ホッパーないミルの場合は、挽いているときにコーヒー豆がこぼれたりすることがあります。

手動式のミルは、挽くときに結構力を入れて挽かないといけないので、少々傾けてもこぼれないよう、ホッパーがついているほうがおすすめです。

ただし、ホッパーがないほうがより香りを楽しむことができるので、香りを楽しみたい方はホッパーがないものを選択しましょう。

 

デザイン

ちょっとアンティーク調のタイプがあるのも手動式ミルの特徴です。もちろん、ステンレスのスタイリッシュなタイプもあります。自分のお好みで選びましょう。

 

価格

手動式ミルの場合、1,500~20,000円前後くらいです。かなり珍しいものだと、もっと高いものもあります。だいたい、15,000円も出せば、かわいい一生モノのコーヒーミルを買うことができると思います。

 

 

電動式コーヒーミルの選び方

電動式コーヒーミルには、大きく分けるとカッター式と臼式の2種類があります。これらの違いは、主にコーヒー豆の挽き方の違いによるものです。

手動ではないので、当然、ハンドルはついていません。

 

カッター式の特徴

コーヒー豆を粉砕する方法は、プロペラのような歯がぐるぐる回ることでコーヒー豆を粉砕します。

コーヒー豆の粗さの調節については、豆を挽いている時間(挽いている時間)によって調整されます。コーヒー豆を挽けば挽くほど細かくなります。

カッター式コーヒーミルの価格は、比較的安価です。安いものは2,000円ぐらいから高くても10,000円前後です。

 

臼式の特徴

コーヒー豆を粉砕する方法は、プロペラのような歯がぐるぐる回ることで、コーヒー豆を粉砕します。すり潰したり、切り刻んだりしてコーヒー豆を粉砕します。

コーヒー豆の粗さは、ダイヤルなどで簡単に調整ができます。粗さの調整能力は、選ぶコーヒーミルによって差があり、細挽きまで対応の機種と極細挽き(エスプレッソ用)まで対応できる機種があります。

臼式のコーヒーミルは、均等に挽けるため、挽きムラは少なくなります。

臼式の弱点は価格です。だいたい1万円前後で、カッター式より高い価格で出回っています。

 

 

まとめ

以上、コーヒーミルを選ぶためのポイントでした。要点をまとめると以下のようになります。

 

  • コーヒーミルには、手動式と電動式の2種類がある。
  • 手動式は価格が安く、自分好みの挽き方ができる。ただし、たくさん作るのは大変。
  • 電動式は手動式より価格が高いが、たくさん作ることが可能。
  • コーヒーの挽き方で、粒度にこだわるのであれば、手動式のほうが自分好みに調整できる。

 

おいしいコーヒーを飲むためにも、良いコーヒーミル選びができるようにしましょう。